新しい治療方法とは|乳癌は転移する前に専門クリニックへ!油断するアナタに近付く病魔

話題の免疫療法の特徴について

新しい治療方法とは

看護師と男性

癌と免疫

健康な方であっても、癌細胞自体は1日に5,000個から6,000個程発生していると考えられています。基本的に人間に備えられている免疫力によってがんを防いでいるのです。癌細胞が増えてしまう原因としては、免疫力の低下が挙げられます。この免疫力を高めることができるのが、免疫療法なのです。

免疫力を活かす

池袋クリニックで受けることができる免疫療法は、自分自身の免疫力を活かす方法です。最近までは、放射能療法や外科手術、そして抗癌剤による治療が癌の3大治療と呼ばれてきました。第4の治療である免疫療法は自分自身の免疫力を活かして、癌細胞と戦うのです。免疫力を強化するので、効果が長期間持続します。

副作用が少ない

基本的に癌治療には副作用がつきものだと考えられてきました。特に有名なのが抗がん剤による治療です。一般的に抗がん剤を使用すると、副作用が現れると思っている方も多いでしょう。ですが、免疫療法なら殆ど副作用もなく癌を治療することができます。自分自身の免疫細胞を活かすことによって、副作用も抑えることができるのです。

部位を選ばない

一般的に、癌が発生した部位によって治療方法を変えることが多いでしょう。また、この場合、癌を発見しなければ、有効な治療を行なうことができないのです。外科手術や放射線治療の場合には大きな問題となってしまいます。ですが、自分の免疫細胞を使用する免疫療法なら、癌細胞が体のどこにあっても効果を発揮するでしょう。

併用が可能

現在では、免疫療法と他の癌治療を併用することも多くなってきています。再発予防にも高い効果を発揮してくれるのです。一般的に癌細胞は転移したり、再発したりしやすいと言われています。免疫療法は、外科手術などで摘出しきれなかった癌細胞にも効果を発揮するのです。他の治療方法と併用することで、高い効果が期待できます。

新着情報

広告募集中