乳癌について|乳癌は転移する前に専門クリニックへ!油断するアナタに近付く病魔

乳癌についての正しい知識

乳癌について

診断

女性に多い

基本的に乳癌は乳房に発生する癌です。乳腺小葉上皮に発生することが多いでしょう。この癌は大きく2つのタイプに分けることができます。小葉にできるタイプと、乳管にできるタイプです。リンパ管に浸透していないタイプの癌もあります。また、パジェット病も乳癌の一つです。

主な症状

一般的に乳癌は痛みを伴わないと言われています。その為、発見が遅れ、全身に転移してしまうのです。痛みを伴わない乳癌のことを乳房腫瘤と呼びます。腫瘤には自分で触れることができるでしょう。その為、胸に違和感があることから乳癌が発覚することもあるのです。

診断方法

視触診によって乳癌を検査します。ただ、この方法だと、担当医によって精度が変わってくるでしょう。一般的に患者の体型によっても変わってくるのです。最近ではマンモグラフィによる検査が腫瘤となりつつあります。現在では画像診断や理学的診断にて乳癌を発見しているのです。

女性に多い癌ランキング

no.1

乳癌

1位は乳癌です。女性の癌と言えば、最も有名な癌と言えるでしょう。基本的に年々羅患者数が増えている癌です。2014年時点で新たに86,000人程の女性が羅患していたと言われているほど多い癌なのです。16人に1人の割合で発症するとされており、女性の方は定期的に検査を行ないましょう。

no.2

大腸癌

大腸がんが2位にランクインしています。男性ににも多い癌として知られている癌です。乳癌に次ぐ羅患者数で、とても多くの方が大腸癌に悩んでいると言えるでしょう。羅患者数が増えてきたのは、食の欧米化が原因だと考えられています。これからも羅患者数が増える可能性もあります。

no.3

胃癌

昔から日本人に多かった胃癌が3位にランクインしています。基本的に年間で新たに羅患する方が40,000人程もいるとされている癌です。大腸癌の55,000人に次ぐ多さでしょう。基本的にストレスなどによって、胃が弱ってしまうことで癌が発症しやすくなる言われています。食の欧米化も羅患者数が多い原因でしょう。

新着情報

広告募集中